神待ちサイトって何だろう?

kanngaeru神待ちサイトという存在をご存知でしょうか?
ここで「神」と称するのは、家出中の女性に対して宿泊場所、食事、更には経済面の援助などを提供する男性を指しています。
インタ−ネット検索を実行すると、数多くの神待ちサイトが検出されますが、正直その殆どがかなり怪し気なサイトばかりです。
サイトの明確な説明すら見当たらず、利用料金の必要不要も確認出来ず、それでもトップペ−ジには「登録無料」の謳い文句が見られ、
登録欄がそれに続いていたりします。
そして利用規約などは見当たらないサイトが殆どであり、更にトップペ−ジには美人で可愛い家出少女とされる女性の顔写真が並んでいます。
冷静に考えるまでもなく、家出中の女性がこんな風に笑顔を晒すとは思えませんので、この時点で非常に怪し過ぎるのです。
(実際にメ−ルでコンタクトを取る流れとして、写メを交換するケ−スは考えられるでしょうが)
こうした怪し気ナサイトの場合、仮に登録してしまうと直後に複数の出会い系サイトやアダルト系サイトに登録者の個人情報が波及するので、
程無く多量のスパムメ−ルが殺到する事となりますし、利用料金に関する説明が見当たらないサイトには絶対に登録してはなりません。
登録しただけで法外な課金をされる悪徳サイトである可能性が高いのです。
アナタの本当の目的が何なのかはさて置いて、それでも神待ち女性にどうしても会いたいのであれば、こうしたリスクの高いサイト派利用せず、
若い女性がアクセスしやすい携帯サイトや掲示板サイトにアクセスした方がリスクも抑えられ、出会える可能性もまだ期待出来るかと思います。

神待ちと言う手段

okaneかつて家出した際、親友宅に一晩お世話になった事があるのですが、家出少女が目指す先は、普通はこうした友人宅というのが定番でした。
ですが最近「見知らぬ男性宅にいきなり宿泊する」という選択肢を選ぶ少女達が急増中だそうです。
私からすれば理解出来ない行動ですが、神待ちという方法を用いる事で、少女はそんな見知らぬ男性宅に泊まる事が可能となるみたいです。

ですがその宿泊先は、全く面識も無かった、出会い系掲示板で見つけた見知らぬ男性宅なのです。
中には善意で世話してくれるケ-スも無いとは言いませんが、非常に確率としては低いのが現状でしょう。
それでも家出少女達の多くが、この神待ちを選択しているのです。
更にはそんな男性宅に居付いてしまい、1週間2週間と、長期間帰宅しない事も珍しくなく、中にはそんな男性と意気投合の上、
そこから交際がスタ-トする展開もあるそうです。

神待ちを用いれば、お金を遣わずに宿泊場所を確保出来ますし、掲示板の謳い文句通りであれば食事にも窮しません。
神待ちは暫くの生活を確保出来る事は、どうやら事実みたいです。
ですが相手がいつどんな風に本性を表して豹変するのか、犯罪に巻き込まれるかも分からない、大きなリスクを伴なっているのです。
やはり家庭内の問題をクリアにする事が先決で、それが少女達を結果保護する事となるのでしょうが、難しい問題だと思います。

神友ってどんな事をするの?

多くの女性は電話やメ-ルで第三者とコミュニケ-ションを図る事が、基本好きな存在だと言えるでしょう。
とりわけメ-ルの場合はリアルタイムでのお喋りの必要が無い為、層脳の時間を拘束制限する事も無く、各々の都合に合わせて送受信出来るので、
特に好まれる通信手段だと思われます。
そしてこんなメ-ル交換のお礼に高額報酬をゲットしているという、何とも羨ましい女性が今回の主人公のサヤカさんなのです。

主婦のさやかさんは携帯電話からアクセス出来る求人サイトでバイト先を探し続けていましたが、思うような勤務先を見つけ出す事が出来ず、
そんな気分転換にと参加したとあるコミュニティサイトで「神友」な在を知ったのでした。
この「神友」とは一種の暗号隠語的な言葉であり、メ-ルの相手をしてくれればお礼を支払います、という意味を含んでいるのです。
どうやらお金を支払ってでも話を聞いて欲しい人が、ネットを通じたどこかに存在しているのは間違い無さそうでした。

そしてサヤカさんはとある会社役員の男性と、共通の趣味の話題をキッカケにメル友的な関係をスタ-トさせました。
2人はサ-フィンが大好きで、サヤカさんはサ-フィンに適した波が来る情報などをメ-ルで相手の男性に知らせていたのでした。
そんなやりとりが続いたある時、男性からいつものように届いたメ-ルにこんな事が綴られていたのでした。
「サヤカさんから届くメ-ルで毎日が充実しています。今日もアナタの情報通りの良い波でサ-フィンを満喫出来ました。
この感謝の気持ちを伝えたくてお礼を差し上げたいと思うのですが・・・」

結果日頃の感謝の意味という事で、主婦のサヤカさんにすれば驚くべきお礼が振り込まれる事になったとか。
こうして予期せぬ高収入をゲットしたサヤカさんは親友関係をこれまで通り継続しつつ、これなら焦ってアルバイトを探す必要もないという事で、
じっくりと自分向きのバイト探しを継続しているそうです。

神友とは何なのか

「神友」・・・それは話に耳を傾けてくれたお礼として、報酬を手渡す関係を指す言葉だとご存知でしたか?
最初は軽い気持ちで参加したコミュニティサイトで偶然経験したそんな「神友」をキッカケに、予期せぬ高額ゲットを叶えてしまった幸運な女性、
それが今編の主人公のAさん(仮名)なのです。

このAさんは一見する限りごく普通の36歳の主婦なのですが、実際には非常に快活で明るい性格。
一緒に話しているだけで自然とこちらまで元気が湧きあがって来そうな女性なのです。

そんなAさんがとあるコミュニティサイトに参加する事にしたのは、無料登録出来る事と、漠然とメル友が欲しいと思っていた事からだったのです。
程なく男女関係無く大勢の会員とのコミュニケ-ションを楽しむように鳴る中、1人の悩みを抱える男性会員のBさん(仮名)とメル友関係となりました。

52歳のBさんはAさんの明るく元気な雰囲気に惹かれ、この女性と話す事で自身の精神的な不安負担を払拭軽減出来る、と思ったらしいのです。
そんなBさんは女性会社経営者であり、日々取引先関係との交渉にまつわるストレスや、

元来弱気な性格を断じて社員部下の前では魅せられないプレッシャ-から、とても心身平穏とは程遠い日々を過ごし続け、すっかり疲れ果てていました。
だからこそ普段自身が過ごす世界とは違う世界の人とお喋りする事で、非日常の世界に癒しを求めたかったのでしょう。
それを叶えてくれそうだとBさんが直感したのが、Aさんだったのです。

そしてAさんにしても会社経営のセレブ男性であるBさんの話は興味深く、熱心に耳を傾けるのも自然な事だったのです。
そんな折Bさんから「いつも話を聞いて頂いたお礼に数十万円をお渡ししたい」と申し出られた時も、当然最初は辞退したそうです。
ですがBさんからの感謝の気持ちをないがしろには出来ないと判断し、最終的には受け取る事にしたのだとか。
以上、Aさんの「神友」経験でした。

卒業したけど、再び始めました

援助交際の存在を知ったのは、中学生の頃でした。兄がいたこともあり周りの子に比べると早熟だったと思います。

中学の頃は毎日部活で忙しかったのですが、高校に入ってから友達も変わって興味が別のことにうつりました。
友達と一緒にいるほうが楽しかったので、そっちを優先したのです。

すると、ある時友達がこれから援助交際なんだと軽く口にしたんです。
私は驚きました。とてもそんなことをするような子には見えなかったからです。
どちらかというと真面目なタイプで、髪も黒髪だし、頭もいいほうだと思います。
その子が言うには、いい気分転換になるそうです。
たまには気持ち悪いおじさんもいるけれど、基本的にみんないい人だと言います。
なにより、バイトするより簡単にお金を稼げるのが一番大きいみたいです。
確かに、高校生にもなると親からのお小遣いだけではやりくりが難しいことがありましたし、私もちょっと援助交際に興味を持ってしまいました。
中学生の頃は、自分には関係ない世界だと思っていましたが、案外身近なことだったんだとちょっとびっくり。

彼女はなにか援助交際の相手を斡旋してくれる組織みたいのに関わっているみたいで、よかったら紹介するよと言われました。
いきなり一人で知らないおじさんを捕まえるのは勇気がいったので、助かりました。

高校卒業と同時に援助交際からも足を洗ったのですが、再び始めることになるとは思いませんでした……。
ある時友人の結婚式が続いた時があって、急激な金欠に陥ったのです。
風俗でのバイトも考えましたが、すぐにお金が必要だったのですぐに稼げる仕事はなんだろうかと考えてた時に昔の援助交際の記憶が蘇ったのです。
女子高生の頃よりは相場が下がっているかもしれませんが、大人には大人の魅力があります。
ターゲットさえ間違えなければ結構稼げると思いました。

今は便利ですよ。昔は出会い系サイトなんてなかったから、自分で相手を探すが難しかったけれど今なら一人で全部できてしまいます。
また、お金に困ったらしてしまうかもしれません。